プジョー・シトロエン専門店 EURO GARAGE 販売・修理 栃木県宇都宮市

PEUGEOT History

PEUGEOT 

1850.gif1850
1882.gif1882
1927.gif1927
1936.gif1936
1950.gif1950
1960.gif1960
1965.gif1965
1980.gif1980
1998.jpg1998

現存する自動車メーカーとしてはメルセデスベンツと共に世界最古参のプジョー。
プジョーの歴史はバネや鋸の刃をつくることから始まった 。
プジョー家はすでに15世紀頃からフランスの東部、スイスとの国境に近いモンベリアール近郊で暮らしを営んでいました。

1810年ジャン・ピエール・プジョーとジャン・フレデリックのプジョー兄弟が水車小屋を改築して、冷間圧延鋼製造工場を建てたのがプジョー社の始まりです。

1918年に冷間圧延の新技術で特許をとってからは鋸刃の製造を開始、その切れ味と強靭さが大好評となり、プジョー家は飛躍的に成長を遂げました。
その後、農業用フォークや左官用コテ、かんな、ナイフなどのプロ用道具類の分野を充実化、宝飾細工用の金槌や大工道具なども製造しました。

1840年には、それらの流れでコーヒーミルや胡椒挽きなどの日常用具も製造しはじめたのでした。

1850年プジョー家の工場で製造された鋸の刃は堅牢にしてしなやか、切れ味も鋭いということで評判を呼びました。そのイメージが、まるで獲物に飛びかかるライオンの強靭な歯を思い起こすということで、プジョー社は1850年、自社製品に商標としてライオンのマークをつけ始め、最初のライオン"ブランド製品が誕生。それを1858年に商標登録。以来百獣の王はプジョー社のシンボルとして様々なところに刻まれています。

プジョーといえば自動車というイメージですが、最初の乗り物は、実は自転車です。

1882年に最初の大型自転車Grand Biを生産します。

1885年に現在の自転車に近いモデルが登場した。

1897年に自動車部門が独立すると、自転車製造部門は再編成され、二輪と三輪にエンジンを載せたモデルを製造し始めます。
その後プジョー・モトシクル社となり、こちらはこちらでレースの分野でも一般市販の実用オートバイの分野でも成功をおさめるなど発展を続け現在に至るのです。

1890年に初めてのガソリンエンジンの自動車クワドリシクルを発売。現存する自動車メーカーとしてはメルセデスベンツと共に世界最古参の歴史ある会社です。
前輪駆動の市販にもいち早く乗り出し猫足と呼ばれる巧みなセッティングで前輪駆動車の仕立てには呼び声が高い。
歴代フラッグシップモデルはフランスの大統領車にも採用されています。

70年代後半には政府の仲介を経てシトロエンを傘下に納め社名も現在のPSAとなります。

Race

プジョーはラリーの世界王者に、その最初のマシンは205。

1894年205T16はプジョーは史上初の自動車レースといえるパリ~ルーアンで2位となり、古くからモータースポーツに参戦しています。、
その歴史の中で最もプジョーが猛威を振るったのは何かといえば、WRCでの活躍です。

1984年のデビュー年には、シーズン中途参加ながら3連勝。

1985年から2年連続優勝を飾ります。

1987年205 T16がパリ~ダカール・ラリーで優勝。

1988年205 T16に代わって参戦した405 T-16が再びパリ~ダカール・ラリーで優勝、90年まで王座を他に譲ることはありませんでした。

1990年、自動車生産開始100周年に当たる年に発表されたV10エンジン搭載の905は、翌91年と92年にレースで数々の優勝。
特にル・マンでは905 Evolutionが3位までを独占し、同モデルの技術水準の高さを見せ付けました。

1994年、先のフィアットとのプロジェクトからMPVの806が誕生します。
このモデルはシトロエンEvasion、フィアットUlysse、ランチアZetaとプラットフォームを共有し、同じプロジェクトからはBoxerも生まれました。

PEUGEOT 104

104-13.jpg104-14.jpg104-11.jpg104-10.jpg
'72年に誕生。75年にはホイールベースを短縮した3ドアのクーペが登場。翌年には待望のハッチゲートを備えた5ドアが発表されている。同時にエンジンには1100ccが追加。さらに'79年には1200/1400ccが用意されている。
WRCのトップが主にグループ5車両で争われていた1980年代初期、グループ会社のタルボ社のサンバ(プジョー・104ベースのFR駆動の小型ハッチバック)をグループ5規定のラリー仕様に仕立てた「タルボ・サンバ・ラリー」で参戦していた。
'83年には後継者にあたる205が登場したが、104は'88年まで生産が続けられた。

PEUGEOT 204

204-5.jpg204-3.jpg204-2.jpg204-1.jpg
'65年に発表され、アルミ製ブロックのSOHCで、当初は1100ccガソリンのみだったが、'67年には1300cc、'73年には1400ccのディーゼルも加わった。横置きエンジンとしては世界初のディーゼル乗用車である。一方ピニンファリーナ・デザインのボディは、3ボックスの4ドアセダンと翌年登場したブレークがあった。

PEUGEOT 304

304tt.jpg304-4.jpg304-6.jpg304-10.jpg
'70年に送り出されたモデル。当初は4ドアセダンだけだったが、まもなくクーペ、カブリオレが追加され、翌年ブレークも登場している。その後'72年には1300ccツインキャブレター仕様の304Sが登場。年'73にはエンジンは排気量が1100ccから1300ccに拡大されている。'77年には204が消滅したことに合わせ、それと同じ1100ccガソリンと1400ccディーゼルの2つのユニットが加わる。生産はセダンが'79年、ブレークが'80年まで続けられた。

PEUGEOT 404

404.jpg404-7.jpg404-6.jpg404-8.jpg
'60年に発表された。その後'63年にはホイールベース/全長を伸ばしたブレークが追加。同時に403ブレークが消えたため、1500ccガソリンや1800ccディーゼルエンジンも設定されていた。一方セダンにはクーゲルフィッシャー製インジェクションを備えたモデルも設定されている。さらに'64年にはセダンに2000ccのディーゼルが追加。2年後からはブレークのディーゼルもこちらに移行している。'68年にはセダンにも1500ccが登場(404-8)。翌年504が発表されるとインジェクション仕様が消え、'72年にはブレークも落とされるが、セダンは'75年まで生産が続けられた。

PEUGEOT 504

504-7.jpg504-8.jpg504-3.jpg504-1.jpg
'69年に発表されたプジョーの中型モデル。ボディは当初は3ボックスの4ドアセダンのみ。エンジンは404と同じ直列4気筒OHVを1800ccに拡大したもので、キャブレター仕様とインジェクション仕様があり、'71年からは2000ccキャブレター/インジェクション両仕様、2100ccディーゼルも登場している。一方ボディではこの年にブレークが登場。エンジンはセダンのそれに加え、1900ccのディーゼルが加わっている。'73年にはこのブレークと同じリアサスペンションを持つセダンが廉価版で登場。このうち'77年追加の2300ccディーゼルを積むモデルは日本にも輸入された。生産期間は長く、'88年まで現役を務めている。

PEUGEOT 205

205-17.jpg205-18.jpg205-14.jpg205-11.jpg
フランス本国でのデビューは'83年。日本導入は86年だった。ピニファリーナとプジョーの合作によって誕生した、この205でもっとも日本で人気が高かったのがGTI。1900cc直列4気筒SOHCエンジンを搭載。最高出力は120馬力/6000rpm、最大トルク15.2kg-m/3000rpm。GTI以外に搭載されたエンジンバリエーションは、1400cc直列4気筒SOHCと1600cc直列4気筒SOHC。CTIというグレードの設定もあり、1900cc直列4気筒SOHCを搭載している。海外では'98年まで生産されていた。

PEUGEOT 309

309-6.jpg309-1.jpg309-3.jpg309-4.jpg
'85年にデビューを飾った309シリーズ。メカニカルコンポーネンツの多くは205と共用となるが、ホイールベースが50mm延長されたほか、全長×全幅×全高も4050×1630×1380mmと、205より全長で約300mm、全幅で40mm大きなボディが与えられている。デビュー当時のボディ形状はノッチバック付きの4ドアのみで、搭載されるエンジンは1100ccから1900ccまで、4種類の直4SOHCユニットが用意されていた。
グレード 本国では多くのグレードが展開された309だが、我が国へは'87年に発表された3ドアGTIから導入された。この初期モデルには130psを発生する1900ccエンジンと5速MTが組み合わされていた。年に'89内外装を中心としたマイナーチェンジを実施、翌'90年モデルからは最高出力は120psとなる。また、後にGTIにATモデルが加わったほか、ラグジュアリー仕様となる5ドアのSIも導入された。年'92にはGTIにも5ドアモデルが導入されている。

PEUGEOT 405

P1040527.JPGP1040316.JPG405-9.jpg405-7.jpg
'87年にデビュー。エクステリアデザインはピニンファリーナとの共同で搭載エンジンは1400ccから1900ccまでの直4ガソリン、1.900ccのディーゼル/ターボ・ディーゼルと、Mi16にはDOHC4バルブヘッドを持つ1900ccユニットが与えられていた。本国では幅広いグレード展開がなされた405シリーズだが、デビュー直後はセダンのみの設定で、ワゴンボディを持つブレークがラインナップに加わったのは'88年のことである。また、'89年にはフルタイム4WDモデルもリリースされている。さて、この405シリーズは'92年に大規模なマイナーチェンジを受けている。外観上はトランクフードが拡大されたことに伴ってリアガーニッシュが廃止された程度であるが、実際にはボディ構造も細部にわたり手が加えられたほか、インテリアや足まわりも改良されるなど、フルモデルチェンジに匹敵するほどの内容であった。あわせてエンジンのラインナップも変更されており、1900ccが廃止され1800ccと2000ccの新設計ユニットが登場している。また、Mi16に搭載される2000ccDOHCユニットには可変吸気システムが採用され、シリーズの頂点となる新グレード"T16"用として2リッターDOHC16バルブ+ターボ・エンジンも用意された。

PEUGEOT 505

画像 084.jpg画像 074.jpg505-1.JPG505-3.jpg
'79年にデビューを飾った505シリーズ。ボディサイズは全長4580mm、全幅1730mmと504に比べて全長で90mm、全幅で40mm大型化されている。ボディのデザインは変わらずピニンファリーナ。エンジン・バリエーションは2000ccガソリンと2300ccのディーゼルというラインナップであったが、後にターボ・モデルや2200ccガソリンを追加、'86年にはPRV(プジョー・ルノー・ボルボ)製の3000cccV6ユニットも追加されている。足まわりはフロントがストラット+コイル、リアがセミトレーリングアーム+コイル。当初のボディ形状はセダンのみだったが、'82年にワゴンタイプのブレーク、さらに同じボディを使った8人乗りモデルとなるファミリアールが追加されている。

PEUGEOT 605

605-1.JPG605-3.JPG605-3.jpg605-5.jpg
'89年のデビュー。日本に輸入されているのは190馬力の3000ccV6DOHCエンジンを搭載する605 V6のみ。駆動方式はFFで、4ATのみが組み合わされている。かっちりしたデザインでまとめられたボディは全長4.8m弱、全幅1.8mの堂々としたサイズ。サスペンションはフロントにストラット、リヤにダブルウイッシュボーンの組み合わせ。装備は花粉フィルター付きのフルオートエアコン、電動フルレザーシート、雨滴感応式オートワイパー、チルトアップ機構付き電動サンルーフなどが標準となる豪華装備。リヤのセンターアームレストにはトランクスルー機構も装備し、ユーティリティを向上。デュアルエアバッグとABSを標準装備。ハンドル位置は左のみとなっている

PEUGEOT 106

106-1.gif106-2.gif106-4.gif106-2.jpg
フランス本国では'89年にデビューしている。日本には'95年に限定販売の形で導入され、その後ラインナップモデルとして扱われるようになった。'96年にマイナーチェンジ。フロントマスクのデザインが変わり、ボディ剛性なども高められている。フランスでは3ドア、5ドア、エンジンバリエーションも1000cc、1100cc、1400cc、1500ccディーゼル、そして1600ccのDOHC16バルブと5種類と充実のラインアップをもっているが、日本には最もスポーツ性の高い、3ドアの1600ccDOHC16バルブエンジンを搭載するS16のみ輸入される。

PEUGEOT 206

206-2.gif206-1.jpg206-6.jpg206-5.jpg
フランス本国では'98にデビューし、日本へは翌年'99年に導入され、3ドア&5ドアハッチバックをはじめ、カブリオレやワゴンなどをラインナップ。パワートレーンは、低中速トルクを重視した 74馬力の1400ccSOHC、108馬力の1600ccDOHC、スポーティーな走りを実現する137馬力の2000ccDOHC、206最強のホットモデル「RC」に搭載される177馬力の2000ccDOHC16バルブの計4種類をラインナップ。ミッションは5MTのほかに4ATシステムを用意。9種類のシフトパターンがプログラムされ、走行状況に応じたパターンを自動選択するこの先進のATシステム.は、切り替えスイッチでノーマルモード、スポーツモード、スノーモードを選択できる。安全装備として全車に助手席キャンセル機能付きデュアル&サイドエアバッグ、ABS、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着。盗難防止用のイモビライザーも全車標準装備となる。

PEUGEOT 306

306-1.jpg306-2.jpg306-3.jpg306-4.jpg
フランス本国では'93年にデビューし、日本には翌年'94年に導入された。当初、3ドア、5ドアだけだったが、'97年にワゴンモデルのブレークが追加された。そして'99にマイナーチェンジ。サイドエアバッグやISOFIX対応チャイルドシートブラケットが全車標準になり、4灯クリアヘッドライト、メタリック仕上げのインパネなども採用された。

PEUGEOT 406

406-1.jpg406-3.jpg406-2.jpg406-1.jpg
フランス本国では'95年にデビューし、日本には翌年'96年に導入された。当初は4ドアセダンとブレーク(ワゴンモデル)のラインアップであったが、'96年にクーペが発表され、日本にも'98年に導入された。'00年モデルではビッグマイナーチェンジが行われ、フロントフェイスを中心にエクステリアデザインにも大幅に変更された。エンジンも2000ccには新型エンジンを搭載、3000ccのV6にも改良が加えられている。'03年には、クーペモデルがマイナーチェンジを受け、フロントマスクを中心にデザインを一新。大型化されたエアインテークを持つエアダムバンパーを採用。フォグランプの形状も併せて変更となった。

PEUGEOT 107

107-1.jpg107-7.jpg107-3.jpg107-5.jpg
107はプジョー、シトロエンとトヨタとの合弁会社によって開発された。シトロエン・C1とトヨタ・アイゴは姉妹車である。3車はチェコのコーリンにある合弁会社トヨタ・プジョー・シトロエン・オートモービルによって製造される。全長3.5m以下の3もしくは5ドアのハッチバックである。'05年よりヨーロッパで販売が始まった。107は'03年の終わりまで12年間製造された106の後継車である。

PEUGEOT 207

207-1.jpg207-8.jpg207-4.jpg207-5.jpg
'99年に発表された206シリーズの後継で、約8年ぶりのモデルチェンジ。エンジンは、1600ccと1600ccターボ付エンジンの2機種で、全車右ハンドル。トランスミッションは、1600ccが4速AT、1600ccターボ付が5速MTとなる。モデルバリエーションは、基本装備を備えた「207」(5ドア)、さらにパノラミックガラスルーフとハーフレザーシートを装備したラグジュアリーバージョン「207 Cielo」(5ドア)、1600ccターボ付エンジン搭載でパノラミックガラスルーフとハーフレザーシートを装備した3ドアスポーティバージョン「207 GT」の3種となっている。ボディカラーは全11色を設定。ラグジュアリーバージョン「207 Cielo」には、ブラックとライトグレーの2色のフルレザーシート(受注生産)が採用されている。
前後長780mmの超大型ヘッドランプと大型エアインテークによる躍動感に満ちたスタイリングで206シリーズに比べ室内幅は+105mm、室内高は+50mmと拡大した室内空間となっている。

PEUGEOT 307

307-1.JPG307-4.jpg307-3.jpg307-6.jpg
'01年のデビュー。ボディタイプはハッチバックの307フェリーヌ、3列7人乗りミニバンの307SW、クーペカブリオレ(電動格納屋根のオープンカー)の307CCがある。エンジンは1600ccと2000ccが用意されるが、CCは2000ccのみとなる。なお、CCにはチューンアップした2000ccエンジンを搭載したSportというグレードが存在し、マニュアル設定のみであるが、ハンドルが左右選べる設定となっている。SWにはパノラミックルーフが装備されている。2列目以降のシートは1席単位で取り外しが可能である。以前ラインナップされていた307ブレークはSWと同じボディであるが、こちらは2列5人乗りのステーションワゴンでパノラミックルーフの設定がない。

PEUGEOT 308

308-2.jpg308-3.jpg308-7.jpg308-4.jpg
本国では'07年デビュー。外観のデザインはボンネットに深く刻まれたプレスラインや格子状グリルが備わったバンパーなど、新世代プジョー・ルックがさらに強調されている。 インテリアは、センターコンソールの操作スイッチパネルには、シルバー素材が用いられ、中央のエアコン吹き出し口は3連タイプとされるなど、大きく様変わり。また上級グレードとなる「プレミアムパック」では、ダッシュボードにポップアップ式のモニターとナビゲーションシステムが搭載されている。
全長×全幅×全高:4276×1815×1498(現行307:4210×1760×1530)mm、ホイールベース:2608(2610)mm、トレッド前後:1522/1517mm(18インチモデル)と現行307の5ドアに対して一回り大きくなっている。
エンジンラインナップは1400c~2000ccまで、3基のガソリンエンジンを含む6基のリンバーンをすえているのが特徴。ガソリンの中核をなすのは1.6リッターVTi(バリアブルバルブリフト&タイミング)120hp/6000rpm160Nm/4250rpmと1.6リッターTHP(ターボハイプレッシャー)の150hp/5800rpm、240Nm/1400rpmで、この直噴ツインスクロールターボは0-100km/h加速8.8秒という駿足。ミッションも5&6速MTと6速AT、パドルシフト付き6速ATをラインナップする。サス系は307を踏襲し、重心を5mm下げ走行性をアップしている。

PEUGEOT 407

407-1.jpg407-3.jpg407-4.jpg407-2.jpg
'04年のジュネーブモーターショーにてデビュー。エンジンは直列4気筒の2200ccと4速AT、V型6気筒の3000ccと6速ATの2種類を用意。どちらのATもティプトロニックタイプとされ、マニュアル車感覚での走りが楽しめる。横滑り防止装置のESPやABS、9(クーペは7)エアバッグシステムなど充実した安全装備も魅力。2006年7月にはクーペ407の販売を開始。スタイリッシュなデザインとラグジュアリーな内装を特徴とするプジョーの新たなフラッグシップモデルである。エンジンはV型6気筒3000ccを搭載。左右のハンドルが選択可能。'07年にはメモリー付き電動ステアリングコラムを採用するなど、クーペ407の快適装備の充実度を高めた。

PEUGEOT 607

607-1.jpg607-2.jpg607-3.jpg607-4.jpg
'99にフランクフルトモーターショーでデビュー。日本には'01年導入された。外観は、全長4.8m超、ホイールベース2800mmという堂々としたサイズながらフレンチサルーンならではの優雅なシルエットを描き出している。インテリアは、洗練されたデザインと高い質感、充実した装備が提供されている。リアガラスには、電動リアサンシェードを装備。人間工学で設計されたシートは優れたコンフォート感でVIPユースにも適したクオリティを持っている。

PUGEOT 1007

1007-4.jpg1007-1.jpg1007-2.jpg1007-5.jpg
フランス本国では'04年デビュー。日本には'06年に導入された。なお全幅は本国仕様では1686mmであるが、日本では測定方法の違いにより1710mmと、5ナンバーサイズ規定の1700mmを超えたため、3ナンバー登録となる。
外観デザインはピニンファリナとプジョーのコラボレーションによるもので、トールボーイスタイルの高い全高と左右の電動スライドドアが大きな特徴。左右に1枚ずつ設けられたドアは電動スライド式を採用した。
搭載エンジンは2機種で、いずれも直列4気筒の自然吸気DOHC。1400ccは54kW、1600ccは80kWのパワーを発生する。トランスミッションはシーケンシャルモードのマニュアル車(パドルシフト付き)としてもAT車としても使える自動5速2トロニックと呼ぶタイプ。